勃起のメカニズムを知りましょう

勃起のメカニズム

勃起はペニスの中の海綿体に血液が流れ込んで硬くなるために起きる現象です。海綿体は、自分の意志では動かせません。

 

平滑筋と呼ばれる筋肉と血管が集まってできていて、そこへの血液の流れは神経が調整しています。

 

@ 性的刺激が脳からペニスの神経に伝わり、そこからペニスの中の化学物質サイクリックGMPの分泌・増量を促します。
A このGMPにより、ペニスの中の海綿体がリラックスした状態になります。さらにペニスの動脈が広がります。
B 大量の血液がペニスに流れ込み、海綿体が充血した状態で硬くなります。ただし流れ込んだ血液はペニスの中の静脈より絶えず流れ出ています。
C 健康な男性の場合は、充分なGMPの分泌が行われており、勃起後に降下した海綿体がペニスの静脈を適度に圧迫するので、血液の流出が妨げられています。
D これらのことが正常に行われて始めて勃起が持続します。

 

EDの男性は、このGMPの分泌が少ないか、またはGMPを破壊する酵素の分泌量が多すぎることが考えられます。

 

その結果、ペニスの中の静脈から勃起に必要な血液が流れ出してしまうために勃起しない、または勃起の持続が難しいのです。バイアグラはこのGMPを破壊する酵素の働きを弱めることで、少量のGMPでも完全な勃起を出現させることができるのです。

 

このころからもわかるように、ペニスの血管や関係する神経に何らかのトラブルが発生すれば、勃起不全が引き起こされるのです。

 

しかし実際に性的な興奮を感じて勃起が起きるまでには、きわめて複雑で多彩なメカニズムが作動しているのです。心の問題でも勃起不全は発言します。いまだに解明されていない部分が原因になることも少なくはないのです。

 

若年層のED患者が増加している

 

若年層のED患者が増加
病院でEDの診察をされる年代を調べてみると、20代が二割、30代が四割、40代が二割という結果が出ているようです。半数以上が30代以下だというのです。

 

このうちに新婚だという男性は4人に一人ほどの割合だと言われています。結婚する前は性生活も遅れていたのですが、一緒に生活するようになって男性自身が女性を見る目が変わってしまうことに原因があるようです。

 

そのほかの原因としては、男性自体が結婚前に性経験が乏しかったことによる、緊張過多が挙げられます。

 

ハネムーンで性交渉がうまくいかなかったことから、男性は引け目を感じてしまうことがあるようです。

 

この新婚でEDテンツに陥る男性は実は初婚だけではなく再婚の男性でも発症することがあるようです。このケースの場合には一度目の結婚でも性生活が問題で離婚した人が多いようです。一度失敗すると一生付きまとってしまうのでしょうね。

 

男性自身が「自分は性的に女性を満足させることができないのではないか」とネガティブに考えてしまうのです。

 

また、離婚後に性行為が長い間なかった人にも多いようです。性行為を品方時間が長かったせいで、通常以上に緊張してしまうのです。

 

性行為にはその人なりのペースがあります。もしも、パートナーがいなくなっても自分で処理するなど性器を勃起することを習慣づけることがいいようです。

 

ED患者の大半は、心因性のものであり、女性への緊張や不安を除くだけで回復することもあります。

 

関連サイトご紹介

 

ジェネリックバイアグラ|安く勃起薬を手に入れる方法⇒ジェネリックバイアグラ値段.com