バイアグラで副作用が出た場合の対処方法

誤ってバイアグラと硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤を併用し著しい血圧低下をきたした場合の対処方法

 

血圧の低下は血管の格調によるものですので、まずトレンデレンブルグ体位をとらせて、適切な電解質溶液の輸液による循環血流量を増加させます。これによっても血圧の回復がない場合緊急を要する場合には、末梢血管収縮剤を慎重に使用します。また、血圧維持のために対処してください。

 

それでも血圧の回復が思わしくない場合には、ほかの質病との合併症を起こしていることが考えられますので、時機を失することなく速やかに総合的な治療のできる施設に搬送してください。

 

バイアグラ服用中に狭心症を起こした時の対処方法

 

不安性狭心症、急性心筋梗塞では専門医のいる施設に速やかに移送して草歳。ただし、バイアグラ服用2時間以内は硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤の使用は禁忌です。

 

陰茎持続勃起症の対処方法

 

6時間以上痛みを伴う場合は放置せずに22ゲージ翼状針を陰茎海綿体に刺し、中の血液を吸引除去する。次に血管収縮剤の海綿体内に注入します。これで勃起が治まらない場合は、しばらく間隔をおいて再度注入してみて下さい。

顔面紅潮、頭痛、消化不良、視覚異常糖が発言した場合

 

まずバイアグラの量を減らしてみてください。これでも症状が続くようでしたらバイアグラの使用を禁止してください。